『北海道の工芸家ら慎重審議求める』

アイヌ支援法案について意見交換した(左から)中山斉彬衆院議員、
砂澤氏、国際政治学者の藤井厳喜氏=東京・永田町の参院議員会館

[アイヌ支援法案]中山議員らと面会

 政府が15日に閣議決定した「アイヌ民族を支援する新法案」について、アイヌの血を引く北海道の工芸家、砂澤陣(じん)氏らが20日、希望の党の中山成彬衆議院議員ら同党議員と面会し、慎重な国会審議を求めた。
 同法案は、アイヌ民族の地位向上などを目指して「先住民族」と初めて明記し、アイヌ文化の維持・振興のための交付金制度創設を盛り込んだ。
 砂澤氏は法案について、「(アイヌは)明治期から昭和期には混交が進み、明確な定義ができないとされる」「アイヌも同じ日本人。特権を与えることで、逆差別になりかねない」などと問題点を語った。
 中山氏は「国が問題点を本当に理解しているのか疑問だ。国会で追及したい」とコメントした。

※砂澤氏補足
「明治~昭和の調査では混交が進みすぎて、明治~昭和に掛けての国や道の調査ではいわゆるアイヌとの区別はつかない状態」

【夕刊フジ】 2019年2月21日版
http://www-origin.zakzak.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です