アイヌの定義とは?

前項の通り、どこからが「アイヌ文化か?」という定義も、成立自体が長い時間を掛けて混交・交流した結果なのだから、それを「どこかの時点」で線引き出来るはずもなく、また地勢的にも混交の濃度がまちまちなのだから「境界で区分」も出来ず、それ故に「アイヌ民族とは何か?」を定義できないのも当然の事。

つまりは、そうした定義に拘って「何がアイヌか?あるいは非アイヌ(和人)か?」という区分で「人を分ける行為」には「差別」しかない。

しかしながら、7~800年ほど続いた「アイヌ文化」と呼ばれるものは在ったし、各地の部族も存在して、それぞれ毎にルーツも有るので、そうした存在や文化を「無かった事」には出来ない。

ただ、現時点では、それぞれの部族ごとの個別の文化を継承する方々も殆ど居らず、また新たな継承者を求めようにも「民族の血」に拘ったところで、そもそもの「民族」の定義が出来ないのだから、その「血」を求めるのが不適切だし、「血に依る差別」を生じるだけだろう。

つまりは、これからのアイヌ団体の在るべき姿としては「アイヌ文化に触れたい・学びたい」と願う人なら誰でも加入でき、基本的には「懲罰的退会処分」以外には「脱退させられる」事も無く、加入条件は「本人の意志」のみ。さらには「国籍も問わない」という、あくまでも「文化的・学問的・民俗的」な「希望者が集う市民団体」としての「アイヌ協会」に変革すべきなのだろう。

当然、団体に加入したからと言って「個々の生活」への助成など不要だし、特別な控除も扶助も資金援助も無く、また、そうした何らかの権利を求める「活動家」では無いのだから、あくまでも「市民参加」の団体に過ぎない。

ただ、アイヌ協会に加入する事で、協会主催や博物館や大学センターなどが協賛・共催するアイヌ関連のイベント等に「スタッフ」として優先的に参加できるなどの「参加者・ボランティア」の枠が得やすいとか、勉強会・体験会に参加してアイヌ文化を学ぶ機会を多く持てる、というメリットは有るべきだろう。
というか、そうした事(アイヌ文化を学び体験する)が目的の団体なのだから。

そして「誰でも広く参加できる」が基本なのだから、参加している方々の「権利」は日本人としての一市民に過ぎないし、「伝統の文化」もまた日本の中の伝統文化の一部なのだから、何処かに占有的に使用する権利が有る訳もなく、ましてや「文化の盗用」などと云う概念など百害あって一利なしで、むしろ積極的に広く伝えて使われるべきだろう。

そうして広くアイヌ文化が伝わり、アイヌ文化について触れる人が増え、日本の国土に住まう人々の歴史の一部としてアイヌの歴史も尊重される。

それは同時に、分母が拡がる事で拡散され、形を変えた新しいアイヌ文化が生まれる事も意味する。

日本の寿司が、世界各地に広がった結果、新たな「SUSHI」として様々な可能性を拡げたように。

しかしながら、そうしてなお、核となり、尊重され、受け継がれるモノが有る。それこそが国体であり国家・民族の象徴だろう。

いわば、英領・連合王国から独立した各国にあっても、今なお国旗の一部にユニオンジャックを飾り、エリザベス女王を刻んだ硬貨を使い続けて、英国王室を尊重するのと同じように。

2 thoughts on “アイヌの定義とは?

  1. そうですよ、そうですよ! あくまで「日本国の」、「北海道の」、地域文化として親しまれるようになってくれれば、それで良い。子孫に対する特別待遇なんて要りません! どころか過去の部族の血が一滴も入らない配偶者や養子までもが特別待遇なんて! こんなことをやっているからアイヌはバカにされるんです。協会と無関係の一般の子孫からすれば、いい迷惑です。
    素敵な記事をありがとうございます!!!

  2. アイヌの定義、それは明らかではないのか◆『日本人になった祖先たち/ DNAから解明するその多元的構造 』(NHKブックス/2007/2/24/国立科学博物館人類第一研究室々長 篠田 謙一 著)より◆アイヌ民族は、北方系の「ハプログループY」というミトコンドリアDNAを持っているという◆ミトコンドリアDNAは、骨髄から抽出されるので損傷が少なく検出しやすいそうだ◆日本人の祖先とされる縄文人からは「ハプログループY」は検出されないという。令和元年8月1日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です